地球温暖化現象の影響で重要性が増してきた雨量計

最近は地球温暖化現象の影響が強まってきて気候変動が激しくなってきたようです。暑さは一層厚く、寒さは一層寒くなり、雨も降れば局地的に集中豪雨型で襲ってくる回数が増えてきました。天気予報で時間100ミリを超える程のゲリラ状の降雨を報道されて怖くなるほどです。元々、大都市の下水道処理能力が時間3、40ミリ程度の設計ですからとても処理しきれず、都内では地下に巨大な貯水池を作って雨水を一時的に貯めるようにしている程です。雨量計は気候変動が激しくなる以前は気象台で使われている以外に余りその役割が意識されていなかったのですが、近年のように気候変動が激変型になってきた途端、集中豪雨の防災対策やダムの放水管理あるいは農地の土壌保護対策等に重要性が高まりました。その結果、雨量計が降雨量の監視の必要な箇所に設置されて、リアルタイムで降雨量を計測する集中監視システムに組み込まれるようになりました。しかも、豪雨災害を未然に防止する対策を立てるには降り始める前に降雨量の予測値が必要になるので、レーダー雨量計が使われています。平素から雨雲の規模からレーダーでおおよその降雨量を予測しておいて、アメダスに設置している計測器の実降雨量と突き合わせる作業を繰り返すことで精度アップを図っています。

雨量計の仕組みについて

雨量計は降水量を測定する装置で、設置場所の雨の降った量を正確に計測する物です。雨の降った量を正確に測るため、その構造は単純に水を溜めるだけでなく、特殊な構造を用いて降水量を記録する方式になっています。雨量計は口径20ミリの筒の中に漏斗が入っており、その漏斗に雨水が流れ込むとその下に転倒ますで受ける仕組みになっています。転倒ますとは、シーソーのように両側にますを設けそのますが一杯になると下に落とすようになっているため、そのますが何回水を下に落としたかで水の量を測ることができ、また測った水は流れても問題が無いため、原理的には無限に降水量を測れるような仕組みになっています。但し、厳密には一杯になって水が下に落ちるまで転倒ますが動いている時間は計測されないため、時間内に落ちる回数が増える場合、すなわち激しい雨の場合にはその測定結果が正確にならないという欠点があります。

簡易的な雨量計は通販で購入か自作できる

雨量計は通常、気象庁が規定している貯水型、転倒ます型などが代表的であり、詳細に規定された構造のものが主流です。また、測定結果を公表できるのは、このタイプで作られたものに限られています。一方、簡単な構造で作成できる貯水型については、製作用のキットや完成品が販売されています。子供の宿題や学習用に利用したり、農家の方が簡単に降水量を測定するなど実用的な製品として重宝します。なるべく費用をかけずに雨量計を作るなら、ペットボトルを使う方法もあります。とても手軽て簡単に作ることができますので、興味のある方はチャレンジしてみると良いでしょう。ネット上で「雨量計作り方」といったキーワードで検索することで製作例を見ることができて便利です。作り方の指南をしているサイトなども見つけることができますので参考にしてください。