雨量計の仕組みと設置場所の条件

降水量を観測するため、全国に多くの雨量計が設置されています。気象庁などで幅広く採用されているのは「転倒ます型」と呼ばれるタイプです。これは、口径20センチの受水器に入った雨水が、転倒ますに流れます。降水量が0.5ミリになると、シーソーのような構造になっているますが反対方向に倒れます。このシステムにより、転倒数を調べれば降水量が分かる仕組みになっています。また、観測をより高精度にするために、雨量計の設置場所には条件があります。建物・樹木から離れた場所であることです。雨の降り方を一様にし、また葉っぱが受水器を塞がないようにするためです。屋上への設置も避けます。これは建物によって起こる吹き上げるような風の影響をなくすためです。それから当たり前のことですが、受水器が水平になるように置きます。そのとき、跳ね返った雨水が入らないように芝生や砂利の上に置きます。これらすべてを(可能な限り)満たす場所に設置することで、一定の条件のもとでの観測を実現しています。

雨量計で降水量を計測します

日本は世界的に見ても雨の多い国です。四季はハッキリしていて首都の東京を見た場合、決して過酷な環境ではありません。比較的過ごしやすい国です。それでも洪水などの水害は年間たびたび発生しています。大規模な洪水では犠牲者も出ています。水害が起こるほどの大雨に見舞われるとき、多くは非日常的な状況によってパニックに陥ります。冷静に物事を分析する判断力が欠如して、大きな災害に陥った原因を特定できず時間を費やします。大規模な洪水を分析する時に有効な指標として降水量が挙げられます。降水量を正確に測定するには雨量計を使用します。どれだけ雨が降ったのか把握すれば、どこまで雨量が上がれば洪水まで陥ってしまうのか具体的なデータ収集が出来ます。データを基にして、限界まで洪水から守ってくれる防波堤を築くなど対策が可能です。

気象用などの転倒ます型雨量計

雨の日は雨量計によって雨の量がはかられています。気象用や地方公共団体や電力を扱っているの事業者が広く使用しているのは「転倒ます型雨量計」です。仕組みは口の直径が20cmの器に入った雨や雪などを濾水器で受け、転倒ますに注いでいきます。転倒ますと言うのは2つの「ます」のことで、がシーソーのようなかたちになっています。雨や雪が降って0.5mm分その「転倒ます」に貯めていきます。たまると今度は反対側に傾いて水を下に落として貯めていきます。その傾きが切り替わった回数によって「降水量」を測っています。ちなみにもっと簡単な雨量計ならペットボトルを使って自分でも作ることができます。インターネットでいろいろな作り方と使い方が載ってるので、小学生などのお子さんがいたりしたら夏休みの洪水量を測ってみるといい自由研究になるかもしれませんね。