雨量計の水の計測の仕方と種類

雨量計は降った雨の量を計測するための機器です。ろうとが上部に着いているので雨を集めることができ、目盛りのついた容器に水が溜まるので目で見て計測したり、重さを測ることで水の量を計測します。目視のタイプはたくさん雨が降ると水が溜まるますから水が溢れてしまい正確な計測ができないというデメリットがあります。重さを測るタイプは一定時間ごとに計測され記録が残るので、どんなに雨が降っても正確な計測をすることができます。気象庁が使用している雨量計の多くは転倒ます型雨量計というもので、これは2つのますを持ち、ろうとに集まった水が一旦受水器に溜められ、その後片方のますに注がれます。このますが一杯になったら他方に水が注がれ、また一杯になったら初めのますに注がれます。このように代わり番こな仕組みが特徴で、ますが代わった回数によって雨の降った量を計測します。

雨量計に関する仕組みについて

雨量計に関しては、貯水型や転倒ます型雨量計による2種類がございます。たぶん、これらを聞いてイメージについて沸きやすいことは貯水型による雨量計でしょう。この貯水型については、貯水ビンに貯まっている雨水を雨量ます(メスシリンダー)に移していく上で、雨量について求めていくようになっています。また、転倒ます型については転倒ますを備えているものとなっています。そして、転倒ますに関しては2組あって、雨水に関しては片方による転倒ますに貯まった上で、一定の重みになっていくと鹿威しのように転倒した上で排水するようになります。また、続いて注がれていく雨水に関してはもう片方の容器に流れ込んでいくようになるでしょう。また、一時間あたりにおける転倒している数について数えていくことによって降水量について計測していきます。

雨量計を設置するためには

雨量計は特殊な機器となっていることから、そう簡単に手に入れることができません。その辺のお店では売られていないからです。購入するのなら、インターネットで専門サイトを見つけることをお勧めします。一般的には気象観測を行っている施設や企業などに向けて、製造販売されています。そのため、購入者側もほとんどが個人ではなく法人です。雨量計と言っても大きさや機能性など、様々なものがあります。価格もそれぞれ違っています。設置することによって、雨量を計測することができるようになります。その部分だけを観測することができるので、様々な用途で使用することができる便利なものとなっています。特に、農業などに携わっている人は雨の量が野菜などに影響することがあるため、雨量計を設置しておくと参考になることがあります。特に雨の多い地域には欠かせないものと言えます。